2007年05月26日

フトアゴの性決定

70512_1.jpg

フトアゴの性決定に関してはまだまだ研究しつくされてはいないようです。
以前の雑誌などには多くのヤモリ等と同じように、卵の保管温度が28℃を境に高いと♂が、低いと♀が多く産まれる・・・いわゆるTSDといわれていました。
海外においては2000年頃には一定の温度下においては性比は1:1である・・・性染色体により性決定するGSDであるとほぼ結論付けられていました。
2005年には性染色体が特定され、ZZ/ZW型(ZZ:♂、ZW:♀)であることがわかり、フトアゴの性決定は性染色体によるGSDということが裏付けられました。(ちなみに人間は性染色体XXが女、XYが男です^^;)
ところが、2007年春のサイエンス誌(アメリカの科学雑誌)に載った論文によると、高温管理下においては性比1:1のはずが♀の比率が高くなるという結果が示されました。
卵の保管温度を20℃から37℃でそれぞれ一定になるように管理したところ、22℃未満では孵化せず、22〜32℃のものは大体1:1の割合、34〜37℃では♀が多く産まれ、特に35℃を超えるとほぼ100%♀という結果になったとのことです。
さらに高音管理下で産まれた♀の性染色体を調べたところ、その染色体はZZであったとのこと・・・つまり高温管理下においては、遺伝的に♂となるZZが♀の表現を示すという事です。
これが正しいとなるとフトアゴはGSDとTSDの両方の性決定メカニズムを持ち、♀はZWとZZの2つの染色体の組合せのを持つものが存在するってことになります。
このZZの♀は生殖器及び生殖腺が確認され抱卵もしたということですが、この♀を使って繁殖させ、産んだ卵を22〜32℃で温度管理すれば遺伝的に100%♂が産まれるって事ですよね^^;
♂しか産まないフトアゴ・・・生命の神秘恐るべし!

興味のある方は
http://aerg.canberra.edu.au/reprints/2007_Quinn_etal_sex_in_dragons.pdf
posted by たけだっち at 21:47| Comment(19) | フトアゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは takoraです
いつもお世話になっております
とても興味深い記事ですね
我が家の卵は 出来れば現在♀が一匹もいないので
種親の♀を願って 頑張っております

我が家の温度設定は 27度から30度位のところを うろうろしております
たけだっちさんの所は 現在の温度設定は何度くらいにしておられますか?
PS. ♂しか産まない♀も困りますが....
Posted by takora at 2007年05月26日 23:27
こんにちは
やっぱり複雑ですね〜^^;  ウチも今回の2クラッチ目の卵を30日間25℃保温し その後30℃保温にしました。
♀を孵化させたいと思ったので、10卵の少数実験だったのですが、この論文でいくと♂♀1対1ですね。
ZWの♀で良しとします。 ^^)
Posted by しろ at 2007年05月27日 00:26
オスへテロ型の性染色体を持つ生物のメスがオス化することは見られますよね。
その逆だから考えられるのでしょうけど、オスが卵を産むというのが不思議な感じです。
メスヘテロ型なんだから ありですよね、うん。
両生類ならまだしも爬虫類くらい複雑な生物でもこういうことがあるのかというのがとても面白いです。
爬虫類で可能なら、もしかして鳥も・・・(笑)
Posted by じゅじゅ at 2007年05月27日 13:54
うちの桜ちゃん。
最近、虎ちゃんを見るとアゴを真っ黒にしてボビングしながら、走って行き、虎ちゃんに頭突きを繰り返します。
今日なんて、首のトゲに噛み付いてました(-o-;

確実にメスのはずなんですが、、、(;^_^A
Posted by おにへー at 2007年05月27日 21:58
takoraさん
♀希望なんですね。
通常の温度で管理すれば理論的には2分の1ですから^^;
うちの卵は30℃でキープしてるつもりですが、温度計の最低温度は26℃、最高温度は31℃になっていました。
見ている限りは30℃で安定してるんですがね^^;

しろさん
確かに22〜32℃の範囲であれば雌雄は1:1のはずですが、実際には偏りが出る気がします^^;
なかなか性別が確定できるまですべての子を飼育できないんであくまでも感じなんですが。
ZZの♀って本当にいるんでしょうかね^^;

じゅじゅさん
オスかメスかは性染色体で決まるものだと思ってたんですがそうじゃないんですね。
雌雄の決定が遺伝子型の性別よりも温度要因の方が強かったってのはなんか複雑な気がします^^;
鳥類もZZ/ZW型ですから爬虫類と同じだったりして^^;

おにへーさん
メスでもたまにそういう事やりますから^^;
何故そんな事をするのかは全くわかりませんが・・・。
虎ちゃんがせまってくれないんで焦れてるとか^^
桜ちゃんもしかしてZZ♀だったりして^^;
Posted by たけだっち at 2007年05月27日 22:57
たけだっちさ〜〜〜ん!!!

あまりにもタイムリーな記事でビックリです!
おにへーが書いてますが、、、
桜ちゃんはどうみても女の子なのに、最近ノドを真っ黒
にして虎ちゃんに向かってボビングしまくってます。
小さい時は、アームウェイビングしていたのに。。。
この頃はボビングしかしません(*´ο`*)=3

今日なんて、ボビングしながら飛びついて噛み付こうとしていました^^;

もしかして、人間で言う性同一性障害みたいなものなの
かと思って、たけだっちさんに相談メールを出そうかと思っていたくらいです。

これは、桜ちゃんZZ♀確定のような気がするなぁ〜。
そしたら、なんか納得できる^^
Posted by みう at 2007年05月28日 00:29
みうさん
桜ちゃんのZZ♀は実際には無いと思いますよ!
性同一性障害の可能性は否定できませんが^^;
桜ちゃんの雌親は違う♀を追いかけて後頭部のトゲに噛みつき交尾らしき事をした事がありますので、そういう形質が遺伝したのかもしれませんが^^;
一体何故そんな事をするのか・・・さっぱり理解できません^^;
Posted by たけだっち at 2007年05月29日 00:17
うちのドラは、組合員だとおもいます^^;
♂の予定だけど、ひげも黒くならないし、たまに腕、ぐるぐるしてる・・・

でも、玉らしいものはあるんですよ(T-T)
Posted by トゲオ at 2007年05月30日 11:33
我が家生まれのベビーはほとんど♂。90%以上の確率だと思う。
33℃以上の高温保温はしたこと無いけど・・・・
せめて1:1で良いから♀が生まれてほしい。。。
Posted by 龍仙人 at 2007年05月30日 12:33
トゲオさん
♂のような♀もいれば、その逆も・・・^^;
そういうのもやはり個性っていうんでしょうか。

龍仙人さん
論文良く読んだら28℃保温でも30頭のうち1頭ZZ♀がいたそうです。
雌親がZZ♀なら理論的にはその子は100%♂・・・^^;
Posted by たけだっち at 2007年05月31日 00:32
こちらでははじめまして(^^*)
難しいですね!2回読んでやっと「なるほど〜」となりました(笑)
遺伝子の謎・不思議がよくわかったような、逆に謎が深まったような・・・
でも、生命の神秘は奥深く、そして不思議がいっぱいですものね♪
我が家ではまだフトアゴは繁殖経験がないので、とても勉強になります!
Posted by かずみ at 2007年07月13日 00:55
かずみさん こんにちは!
確かに生命の神秘は奥深く、そして不思議がいっぱいですよね。
この論文も元が英文なので、こんな解釈でよいのか疑問は残りますが^^;
ぜひ、フトアゴも繁殖チャレンジしてみてくださいね^^
Posted by たけだっち at 2007年07月13日 10:12
(^^)いつもお世話になっています
今〜フトアゴの繁殖について調べてるんですが・・・


フトアゴヒゲトカゲの繁殖時期や、繁殖可能な状態について〜ご自身が思うことってありますか?

(;^^)餌によって成長速度はあるし、環境によっても〜かなり変わってくると思いますが、いろんな飼育者の「こうだと思うよ」を集めてみたいと思っています。


それと・・・温度により、♂♀を産み分ける方法は理解できるのですが・・・
高温で生まれた雌は「♂しか産まない」と報告してる話も聞きました

(;^^)どうしてなんでしょう?
本当にありえると思いますか?


(*^^*)お忙しいトコを申し訳ありませんが、お返事が頂けるなら〜嬉しいです。

宜しくお願いします。m(__)m
お判りになる範囲で結構ですので〜是非、教えて下さい
Posted by ユキです at 2007年08月01日 00:40
ユキさん
フトアゴの性成熟については生後5ヶ月から7ヶ月といわれてますので、それ以降であればサイズに関係なく繁殖は可能だと思います。
ただし、性成熟したといっても人間で言えば中学生位でしょうか。
産卵した卵の状態や産後の母体の状態を思えば、意図的に繁殖させられる時期とは思えません。
個人的には生後1才以上(望ましいのは1才半)、体長40cm前後かつ成長が止まった状態が繁殖させる事ができる条件と思っています。

上にも書いてますが、35℃以上の高温下で生まれた♀は2分の1の確率で性染色体がZZ(通常は♂となる)となります。
この♀を使って♂と交配すると(ZZ×ZZ)そこから生まれた子は理論上性染色体ZZしかあり得ないって事になりますので、これが通常温度下で孵化すればすべて♂(ZZ)となるという理屈です。
もちろんこの論文がすべて正しければっていう前提ですが^^;
Posted by たけだっち at 2007年08月02日 00:28
毎度、毎度、毎度お世話になります(*^^*)

「繁殖について」は〜いろんな所に聞いて廻ってたので(汗)
どこに聞いたっけ?ってくらい判らなくなっていました
お返事を頂いてるとは・・・ありがとうございました!


今日も質問しようと思ったんで来たんです(><)


アゴも黒くない♂の子が交尾してたんですよ・・・
(;^^)大きさは生まれて半年で〜43〜44cmくらいです
まだ横幅が小さいので・・・どうしたんだろうと心配になりました

まだ子供だと思っていたので〜♀3匹と一緒にしていますが、繁殖をさせるつもりが無い場合は・・・個別にする方が良いでしょうか?

雄はアゴが黒くなると繁殖可能って思っていたんですが・・・
これはユキの勘違い???(??)
Posted by ユキ at 2007年08月13日 02:04
ユキさん
フトアゴの性成熟は生後5〜7ヶ月といわれていますので半年であれば交尾は可能でしょう^^;
43〜44cmという事であれば成長が早い方なので特にです。
雄は喉が黒くなると繁殖可能ってのはただの目安の一つです。繁殖可能になれば必ず黒くするとは限りませんので。
繁殖行動をとらせないって事なら個別飼育しかないと思います。なかなか思い通りにはなってくれませんので^^;
Posted by たけだっち at 2007年08月13日 22:12
毎度〜ご丁寧にありがとうございますm(___)m

私は〜素人の飼育者としてブログで「現場の声」を書いてますが、質問で多いのはオススメの餌とペア飼い(繁殖)についてです

(*^^*)当然〜私に繁殖については判りませんでしたが、貴重な情報としてブログに書かせて頂きたいです

活躍されてるブリーダーで、飼育にたいしても研究熱心で、慈悲の気持ちを持ってる「たけだっちさん」には、いつも助けられてきました(読み逃げですが。。。)

むやみに繁殖させる素人飼育の方を減らせるならと・・・
(^^)そうゆう記事にしますので、ご協力いただければと思います。


怖いですよ〜(><)なぜかペア飼いをする素人の方が多いんです
私も知らずにとは言え、早くても1年くらいだと信じてましたから(汗)
Posted by ユキ at 2007年08月14日 01:36
はじめまして。交尾について教えてください。私もフトアゴを飼育していますがオス二匹、メス二匹です。交尾はフトアゴが生まれてからどれくらいの月日でやるのですか?わかりましたら教えて欲しいです。
Posted by 森 at 2010年09月05日 11:57
交尾は早ければ生後半年もすれば可能性はあります。
ただ、個体差が大きいので実際には何ともいえません。
母体の事を考えるなら、生後1年以上たってから交尾させた方がよいとは思いますが。
Posted by たけだっち at 2010年09月06日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。